個人事業主がお金を借りるときの注意点は?

| コメント(0) | トラックバック(0)

レイクやオリックス銀行カードローンなどのような、銀行が提供するカードローンは、個人事業主にも人気があるようです。

個人事業主にとっては、プライベートな物品の購入のためだけではなく、業務上、必要となるものの購入や仕入れのためのお金も準備する必要があります。

そのため、一般的なキャッシングよりも多額の金額を必要とすることがあり、総量規制に掛からないように注意する必要があります。

総量規制は、個人の年収の3分の1までしか、お金を借りることができないというものですが、それでも不足してしまうケースもあるようです。

この総量規制の対処法としては、規制の掛からない新生銀行レイクやオリックス銀行カードローンなどの銀行が提供するキャッシングサービスを利用するのが良いでしょう。

ここで注意する必要があるのは、プロミスやモビットも三井住友銀行・三菱東京UFJ銀行の系列の企業が提供するサービスですが、銀行自体が提供しているわけではありません。

そのため、総量規制が適用されてしまいますので、プロミス・モビットからの借り入れは、年収の3分の1までとなってしまいます。

個人事業主にとって重要なポイントは、必要なお金の金額と"総量規制"による上限額を把握することといえます。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://afgoi.com/mt/mt-tb.cgi/1

コメントする

このブログ記事について

このページは、pjが2012年11月19日 11:58に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「事業者ローンとは?」です。

次のブログ記事は「業務目的でお金を借りることができますか?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。