いわゆる街金融と何が違うのですか?

| コメント(0) | トラックバック(0)

消費者金融や銀行のカードローンに対しても、あまり良い印象を持っていない人がいることも事実です。

確かに、優良な業者・そうでない悪質な業者があることは事実ですが、全てをまとめて「お金を借りたらダメ」というのは、言い過ぎのように感じます。

かつてのようなグレーゾーン金利も撤廃されて、貸付金利も40%ほど下げられている今の状況では、違法な業者でなければ、それほど問題となることはありません。

一般的に「街金融」と呼ばれる業者は、手形を用いた融資であったり、個人事業主に対して保証人を求めるような融資をしていることが多いと思います。

また、街中に公告されている090金融などというのも、街金融に含まれると思いますが、なかには非常に危険な業者があることも事実ですので、十分に注意しなければなりません。

しかし、レイクは、銀行が行っているサービスですし、プロミス・モビットなども銀行が出資をしている業者が提供するサービスとなっています。

「銀行は危険か?」あるいは「銀行が出資している企業は危険か?」というと、リスクを冒してまで違法行為を行うとは考えられません。

安全なサービスを提供してくれるキャッシング企業として、大いに期待されているものとなっています。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://afgoi.com/mt/mt-tb.cgi/6

コメントする

このブログ記事について

このページは、pjが2012年11月19日 11:59に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「個人事業主向けのサービスはありますか?」です。

次のブログ記事は「手形の裏書きでお金を借りれると言っていましたが?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。